れとろ・たましま(港町玉島)

れとろ・たましま(港町玉島)

玉島の港町としての歴史は古く、江戸時代の築港以来たいへんな活気・賑わいを見せていました。現在でも町のいたるところに当時の面影が感じられ、まさに“タイムスリップ”という言葉がふさわしい町です。虫籠窓(むしこまど)や格子を備えた本瓦葺の商家やなまこ壁のある土蔵が数多く残されており、間近に控える山の緑と運河の織りなす絶妙な風情が、ほかの港町とはひと味違う価値となっています。また平成7年には岡山県の「町並み保存地区」に指定されています。

れとろ・たましま(港町玉島)
あの“日本の夜明けを思わせる昭和”が玉島には「まだまだ」残っています。
昭和30~40年代初頭にかけての、希望に満ちた昭和の世界が玉島には数多く残っています。
そんな面影が残る港町は多々あれど、玉島のように
「比較的きれいなかたちで、まとまった量が未だに存在する町」というのは類をみません。
映画「Always三丁目の夕日」のロケ地としても有名ですが、
スクリーンには登場しなかったレトロな掘り出しものが、そこかしこに残っているのが玉島です。

れとろ・たましま(港町玉島)
※駐車料及び有料道路代別

中四国の観光は、ぜひ新倉敷(玉島)を起点に!

玉島の旧市街へのアクセスは、JR新倉敷駅が最寄り駅となります。中国四国地方の観光は、ぜひ倉敷と福山・尾道の中間地点にある新倉敷(玉島)を起点にプランニングされることをおすすめいたします。また玉島でのご宿泊は「庭園旅館・備後屋(大正三年創業)」がオススメです。