円通寺

概要=小高い丘の上にある曹洞宗の古寺です。

江戸時代の良寛和尚が若いころ修行した寺として知られます。石組の庭と葦屋根の荘重な伽藍が配置された境内や隣接する円通寺公園では、四季折々の花々を楽しむことができます。良寛の遺徳をしのぶ「良寛茶会」は、桜が満開の時期に同寺本堂などに茶席を設け、優美な茶の湯の世界を体感できるお茶会です。また、秋には子ども写生大会、茶会、歌と踊りの奉納等が行われる「良寛まつり」も開催されます。(倉敷観光WEB)


公式サイトはこちら