倉敷美観地区

概要=歴史ロマンとアートが薫る街です。

風にそよぐ柳並木や、白壁となまこ壁が美しいコントラストを見せて倉敷川に影をおとし、伝統的な日本建築の美しさをよく残しています。この一帯は、江戸時代には米の積出地として栄えたところで、土蔵などから往時をしのぶことができます。地元ではこの一帯を“美観地区”と呼び、世界的名画を収蔵している大原美術館をはじめ、民芸館、考古館、郷土玩具館など、文化的施設もあります。(おかやま旅ネット)